オンデマンド・ウェビナー

仮想開発によって自動車のスマート・マニュファクチャリングを実現

初回から成功させる製造ラインの迅速な立ち上げ

おおよその視聴時間55 分

共有

新製品を工場で立ち上げる前に、デジタルで立ち上げのリハーサルを行う自動車OEMとサプライヤー。

自動車製造における従来の製品開発プロセスは、立ち上げにあたって高コストなやり直しと遅延のリスクがつきものでした。その理由は、生産ラインの試運転や変更が必要な場合に、稼働中の機械のコントローラーをデバッグするために、ラインを一時的に停止しなければならないからです。仮想開発であれば、製造ラインの全側面の開発と並行して、機械や、製品の生産ライン、工場設計を早い段階で評価したうえで、コストのかかる実物の製作に移行できます。

このウェビナーは、製造ラインを仮想開発することによる多くのメリットを紹介します。それによって稼働前に製造ラインを最適化でき、生産ラインの初回立ち上げを成功させます。今すぐ登録

製造工場と生産ラインの設計、シミュレーション、テスト、コミッショニングを仮想的に実行

仮想開発は完全なスマート・マニュファクチャリング・ソリューションにとってきわめて重要であり、自動車OEMとサプライヤーの製造プロセスにおけるさまざまな段階の最適化に寄与します。例:

  • プロセス・プランニング— 全領域が同じコラボレーション・バックボーンを活用して計画を作成し、個々の作業セルやライン全体の仮想バージョンを構築します。
  • プロセス検証— 生産プロセスをシミュレーションし、さまざまなライン構成を評価し、その結果から改善点を明らかにします。
  • 生産計画— 生産ラインのバーチャル・コミッショニングにあたって自動化ロジックとデジタルツインのシミュレーションを実行し、機械とセルがデータフローでつながり、連携して動作して、立ち上げ時から高品質部品を生産できるかを検証します。

コストをかけて実物を製作する前に、生産ラインを仮想で最適化

OEMとサプライヤーは仮想開発プロセスを使用することで、新しい生産ラインを物理的に製作する前に、デジタルで立ち上げのリハーサルを行えます。包括的なデジタルツインによって生産、機械、生産ライン、および工場設計を早期に評価し、高コストな実物製作の前に、多数のwhat ifシナリオを検証できます。その結果、取得した実用的な知見を使って、エネルギーや原材料を最適化し、持続可能目標を達成できます。しかも、製造開発と立ち上げにあたって、ミスや、やり直し、安全上の問題、コストが削減され、混乱を最低限に抑えます。

生産ラインで組み立ての問題が発生する前に問題を特定

仮想製造開発では、製品データ、センサー、ソフトウェア、プログラミング自動化を組み合わせて、オペレーションを完全に接続し、個々の製造資産の動作を現実的に予測します。人間シミュレーションを行って、現実の人間のオペレーターを危険にさらすことなく、工場の作業ステーションの有効性や安全性、人間工学的要素をテストすることも可能です。オペレーションの予測性が高まるため、自動車メーカーは潜在的な問題を事前に解決できます。

このウェビナーは、需要が変化しつつある自動車業界にあっても、完璧な立ち上げを可能にする仮想製造開発について詳しく紹介しています。ぜひご登録ください。

講演者の紹介

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

Greg Roth

自動車/輸送機器ソリューション担当ディレクター

Greg Rothはシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアで自動車/輸送機器ソリューション担当ディレクターです。
それ以前は、フォード自動車、イートン・コーポレーション、アムコー・パッケージングの役職を歴任しました。前職は、ミシガン州リヴォニアにあるZF-TRW Automotive North America Braking SystemsのCAEおよびNVH部門のチーフエンジニアを務めていました。

現在はシーメンスで、グローバル・エンタープライズ向けのCAD、CAE、PLM技術/プロセスを担当し、製品開発のコストと時間を削減しながら全体の品質向上に取り組んでいます。
ミシガン大学で機械工学の修士号、ウェイン州立大学で電子工学とコンピューター制御工学の修士号、ミシガン州立大学で機械工学の学士号を取得。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

Bryan Carr

自動車/輸送機器ソリューション・コンサルタント

Bryan Carrは20年以上の経験を持つ、シーメンスのソリューション・コンサルタントです。シーメンスではさまざまな職務を担当し、いろいろな業界に触れる機会を得ました。現在は、自動車OEMとTier1企業のデジタル・トランスフォーメーションとインダストリー4.0に関する目標達成の支援に注力しています。包括的なデジタルツインのよさを説いていないときのBryanは、マスが泳ぐ川のなかに立ちながら、どうやったらもう少し簡単に魚が釣れるのかと思いを巡らせています。

関連情報