オンデマンド・ウェビナー

宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリング: 製造前に打ち上げを

視聴時間: 約53分

共有

宇宙を目指す企業には、現行の開発プロセスに疑問を持つ姿勢が必要です。『宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリング: 製造前に打ち上げを』と題するこちらのウェビナーは、デジタルツイン技術がどのように宇宙業界のパフォーマンス・エンジニアリング目標達成をサポートするかを紹介します。

高度な技術と競争戦略が宇宙産業のあり方を変えています。宇宙探査も各国政府の宇宙機関の競争から、民間企業も巻き込んだ競争へと変わりました。

宇宙という動作環境は過酷であり、宇宙システムの構造物や、推進システム、機構システム、ソフトウェアが発射時と軌道上でどう振舞うかを正しく理解する必要があります。デジタルツイン技術を使うことで、複雑な宇宙システムに対応できます。システムの設計と仮想試験にシミュレーションが役立てられています。一方で、物理試験によってシミュレーション・モデルを検証できます。

宇宙システムのエンジニアリングにデジタルツインを活用するメリットとは

  • エンジニアリングのリスクとコストを減らし、パフォーマンス目標を達成する

  • デジタルツインを実行し、イノベーションを生み出し、物理的挙動に関するエンジニアリングの知見を得る

  • シミュレーションと緊密に連携しながら、広範囲にわたる認定試験を実施する

宇宙システムの重要なエンジニアリング項目に関するソリューション

  • 宇宙機の推進性能

  • 構造、熱、およびロボットのエンジニアリング

  • 宇宙機の電磁性能

  • 宇宙機の試験、検証、認定

  • 宇宙機の安全とミッションの保証

宇宙システムのパフォーマンス・エンジニアリングを考察するエキスパート

※ビデオ画面右下のccボタンをクリックすると日本語字幕が表示されます。

講演者の紹介

Siemens Digital Industries Software

Thierry Olbrechts

航空宇宙/ 防衛業界向けSimcenterソリューション担当ディレクター

Thierry Olbrechts graduated in 1993 from KU Leuven, Belgium. He joined Siemens in 1996. Since 2000, Thierry has been responsible for the Aerospace Simulation and Test business development, go-to-market and aerospace solutions strategies.