オンデマンド・ウェビナー

クローズド・ループの品質ソリューションに対応したFMEA (Failure Mode Effects Analysis) のメリットを形にする

共有

世界的な自動車サプライヤーにとって、製造不良はコストのかかる深刻な結果を招きます。保証コストの増加、製品の機能性と安全性の低下、自動車業界の規格に対する不適合など、その影響は甚大です。そのため、製品故障の可能性とそのリスクを評価する能力が不可欠であり、適切なリスク評価をサポートするFMEA (Failure Mode Effects Analysis) は決定的に重要なツールです。

包括的な品質管理システム (QMS) の一部としてFMEAを効率的に活用することで、製造メーカーは製造前に不良を排除し、機能的な安全性と製品の信頼性を向上できます。

このウェビナーでは、クローズドループの品質システムがFMEAプロセスをどうサポートし、完全なリスク解析を企業に提供するかを学ぶことができます。

学べる内容

  • クローズド・ループの品質管理手法の利点
  • シーメンスの内容領域専門家が紹介するベストプラクティス
  • 品質管理システムを使用して、包括的で継続的な品質向上を達成する方法

講演者の紹介

Siemens Digital Industries Software

Valentina Lupo

インダストリーマネージャー – ディスクリート製造

Valentinaは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのディスクリート製造業界担当のマネージャーとして品質管理を担っています。 2年前にシーメンスに入社し、製造オペレーション管理の事業支援チームで経験を積みました。シーメンスに入社する前は、イタリアとポーランドで品質管理や研究開発のさまざまな役職を歴任しています。「認定プロジェクト管理アソシエイト - IPMAレベルD®️」としてプロジェクト管理職も経験しました。 バーリ工科大学で機械工学の修士号を取得しています。