オンデマンド・ウェビナー

自動車産業の製品開発を加速

複雑さを克服する次世代設計ソリューション

視聴時間: 約47分

共有

自動車業界は、かってないほど急速に変化しています。自動化と電動化の新時代には、すべての車両の中心にセンサー、チップ、エレクトロニクスがあります。気候変動への懸念が高まって、車両の複雑さが増大しています。これに伴って規制が変わるなか、市場の変化に迅速かつ効率的に対応することがこれまで以上に必要となっています。

このオンデマンド・ウェビナーでは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのソリューション・ディレクター、グレッグ・ロスと、マーケティング・マネージャー、トム・スパングラーが、競争に勝つために必要なデジタルツールを紹介しています。

Accelerated Product Developmentで包括的なデジタルツインを利用

最先端の市場トレンドを先取りするために自動車メーカーは、完全統合型のエンド・ツー・エンドの設計/エンジニアリング・プラットフォームに加え、製品エコシステムのすべての関係者と最新の情報をシームレスに共有して完全なトレーサビリティを保証するデジタルスレッド・バックボーンを必要としています。シーメンスのAccelerated Product Developmentソリューションを使用すると、設計者とエンジニアは、継続的な仮想妥当性確認/検証システムを使用して、設計を初回からから正しく作成できます。自動化された人工知能を使用して、包括的なデジタルツインを実装することで、失敗する設計の構築に貴重なリソースを浪費して高コストのやり直しを行う事態を、初期段階に回避することができます。つまり設計者とエンジニアは、さらに革新的なアイデアを探求して、製品の性能と品質を改善できます。

ジェネレーティブ・デザインを実装して、革新的な製品設計を実現

新製品開発の課題に対応するには、次世代の設計ソリューションが必要です。変化する設計プロセス、シミュレーションの生産性、アディティブ・マニュファクチャリングの革命とは、ジェネレーティブ・デザイン、つまりインテリジェント自動探索によるエンジニアリングのイノベーションです。これにより、機能モデリングなどの従来型テクノロジーを、設計最適化やコンバージェント・モデリングなどの新しいテクノロジーと組み合わせることができます。シーメンスのAccelerated Product Developmentソリューションを使えば、企業は新しい製造アプローチのパワーを活用して、多数の革新的な設計を迅速に特定、評価し、性能、質量、コスト、製造などの製品要件の目標を満たす概念を選択できます。

製品設計プロセスの時間、コスト、エラーを削減

自動車産業がギアチェンジして、未来に向かって進むにつれ、イノベーションのペースは加速しています。加えて、テクノロジー大手や高度に専門化したスタートアップとの競争が激化するなか、従来の設計、エンジニアリングの慣行は、もはや効果的ではなくなっています。サイロ化したデータやバラバラのワークフローは、複雑な製品の開発を阻害し、イノベーションを遅らせます。複数のデータソースが存在し、チームは、どれが最新の要件なのか確信が持てません。それがコストのかかるミスにつながり、プロジェクトの遅延や予算超過を引き起こしています。シーメンスのAccelerated Product Developmentソリューションを使用すると、トレーサビリティと監査性を高め、機械、電気、ソフトウェアの各領域をまたぐ設計を徹底的に評価して、製品開発の時間、コスト、エラーを削減できます。

このオンデマンド・ウェビナーを視聴し、シーメンスAccelerated Product Developmentソリューションを使用して、競合他社の一歩先を行くために必要なデジタルツールを導入する方法を見つけましょう。

講演者の紹介

Siemens Digital Industries Software

Thomas Spangler

NX Senior Marketing Manager

Tom Spangler has more than 25 years of experience in CAD and PLM, including 15 years in design, IT, and data management in the automotive industry at both the OEM and supplier levels. Tom completed his master’s degree in business administration in 2006 and joined Siemens in 2008 as a marketing manager. In that role he has created and contributed to multiple product launches, marketing campaigns, and other initiatives.

Siemens Digital Industries Software

Greg Roth

Director of Automotive and Transportation Solutions in the Industries Group

Previously, Mr. Roth held positions at Ford Motor Company, Eaton Corporation and Amcor Packaging. More recently, he was Chief Engineer for the CAE and NVH departments at ZF-TRW Automotive North America Braking Systems in Livonia, Michigan. In his current role, he champions CAD, CAE & PLM technologies and processes for companies at a global enterprise level achieving substantial reductions in product development costs and time while improving overall quality. Mr. Roth holds an M.S. in Mechanical Engineering from the University of Michigan, an M.S. in Electronics and Computer Controls Engineering from Wayne State University and a B.S. in Mechanical Engineering from Michigan State University.