オンデマンド・ウェビナー

重機エンジニアリング: 競争優位性を高めるために、設計およびエンジニアリングチェーン全体を統合してデジタル化

共有


機械の所有者やオペレーターは、厳格な規制に対応しながら所有コストを削減し、プロジェクトをより早く完了させることを目指しています。

このためメーカーでは、機械の能力を高めながら燃費を向上させることが最大の課題となっています。このプロセスを「重機の性能エンジニアリング」と呼んでいます。その効果は大きく、次のような利点があります。

  • 複数属性のバランシングにより開発コストを削減し、市場投入期間を短縮
  • 新しい重機エンジニアリング技術で新世代の機械を設計
  • 製品のライフサイクル全体を通して実際の動作を予測できるデジタル・ツインを作成