ライブ・ウェビナー

Siemens EDA Forum - Wilson Research Groupによる機能検証の市場調査と分析 - 2022年最新版

2023年2月10日 04:00 UTC

共有

Siemens EDA Forum - Wilson Research Groupによる機能検証の市場調査と分析 - 2022年最新版

Wilson Research Groupが隔年で実施している機能検証の世界規模での市場調査は、数多くの論文や文献、ホワイトペーパー、Webアーティクル等で引用、参照されています。最新の調査は2022年に実施され、その膨大なデータの分析が同年11月にまとめられました。

本ウェビナーでは、この最新の市場調査における分析結果に基づき、機能検証の実態を、検証プロセス、労力、リソース、検証技術、言語、メソドロジ、効果といった多くの側面から解説し、改めて機能検証についての現状の課題を浮き彫りにします。

またWilson Research Groupでは、最新の動向として検証プロセスに関わる機械学習やAIの活用、高位合成の活用など、新たな項目にも調査の範囲を広げ、プロジェクトの現状を把握しようとしています。ASICやFPGAなどの設計と機能検証に携わるすべてのプロジェクトにおいて、改めてご自身が抱える課題の顕在化と解決に向けたヒントが得られれば幸いです。

<hr />
<span style="font-size:20px; color:#ec6602;"><strong>プログラム</strong></span>

セッション: Wilson Research Groupによる機能検証の市場調査と分析 - 2022年最新版

  • 市場調査参加者のデザインの特徴
  • 機能検証に要する労力分析
  • 検証に費やした労力の結果と効果
  • プロジェクトマネジメントのトレンド
  • 高位合成および高位検証のトレンド
  • 導入される言語やメソドロジの分布
  • 検証技術の導入トレンド
  • 機能検証の最大の課題

Q&A

<span style="font-size:11px;">※ セッション内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。</span>

<hr />
<span style="font-size:20px; color:#ec6602;"><strong>ウェビナーで学べること</strong></span>

  • 機能検証の課題と費やされる労力、資源の動向
  • 設計、検証言語の採用動向と新たな兆候
  • 検証技術の採用とその効果
  • 設計規模ごとに異なる機能検証の実態

<hr />
<span style="font-size:20px; color:#ec6602;"><strong>対象</strong></span>

  • 検証エンジニア、マネージャー
  • ハードウェア設計エンジニア、マネージャー
  • 設計検証環境支援エンジニア、マネージャー

<hr />

講演者の紹介

シーメンスEDA

三橋 明城男

ビジネス・ディベロップメント・マネージャー

三橋 明城男は、シーメンスEDAジャパン株式会社において、機能検証を中心としたフロントエンド製品のビジネス・ディベロップメント・マネージャーを務めています。共訳書籍に、丸善から出版されている「SystemVerilog アサーション・ハンドブック」があります。

関連情報