オンデマンド・ウェビナー

過酷な動作条件下でのADAS (先進運転支援システム) の安全性と信頼性を向上

共有

自動車と雨水との相互作用を見極め、理解することは、安全性、信頼性、品質などの重要な属性を最適化する鍵です。外部の空気力学設計が悪天候時のウィンドウの視界にどう影響するかをエンジニアは懸念しています。雨滴がサイドミラーを曇らせて視界を遮ったり、前方または後方の窓ガラスが曇ったりすれば、ドライバーにとってストレスになるばかりか危険です。CFDシミュレーションとデジタル・ツインを設計早期に使用すると、設計の妥当性評価を加速させ、試作後のコストのかかる再設計を減らします。エンジニアが思いついた新しいアイデアを物理試作の前に評価できるため、自動車OEMのコストと市場投入期間を削減します。

開発早期の設計探索は、単一設計案の評価以上のことが可能です。つまり、何百ものシナリオを検討し、より良い設計案を選択できます。

悪天候時のADASシステム設計を改善

このウェビナーは、LiDARやRADARなどのセンサーをはじめとする、車外の空気力学設計と雨水との相互作用がテーマです。雨による地面のぬかるみやほかの自動車水しぶきによる影響をシーメンスのエキスパートが説明します。自動シミュレーションを使用して、RADARセンサーの性能を仮想的に評価する方法をデモ形式でご覧ください。

学べる内容

  • 風よけ、カメラ、センサーの視界を設計早期に改善
  • 初回試作の前にRADARの性能を検証