オンデマンド・ウェビナー

次世代のマスターデータ管理

共有

ファブ、ファブレス、IDM、ファウンドリ、OSAT、サブコンなど、どのような形態であれ、すべての半導体企業は、コスト削減と同時に生産性と効率の向上、および市場投入までの期間短縮を見込めるソリューションを常に探し求めています。しかし、結果を出し、非常に短い製品ライフサイクルに対応するためには、デジタル・トランスフォーメーション戦略が必要です。

PLMとCADを統合する強み

このウェビナーでは、世界4位の半導体メーカーMicronが要件別に分類され、CADと統合されたPLM主導のデータ管理システムを導入した様子を紹介しています。また、社内の全製品や電子機器の部品表 (BOM) のマスターデータを管理するための信頼できる唯一の情報源として、PLMソフトウェアを活用し、最高の成果を得ている様子もご覧いただけます。

Teamcenterで社内マスターデータを整備したMicronの取り組み

講演者の紹介

Micron

Jayant Kashikar

シニアITソリューションマネージャー / エンタープライズ・アーキテクト

Jayant Kashikar氏はエンタープライズBOMソリューションチームのシニアITソリューションマネージャー / エンタープライズ・アーキテクトを務め、TeamcenterをMicronのあらゆる社内マスターデータの信頼できる唯一の情報源として活用することに注力しています。23年以上にわたり、IT部門のさまざまな職務を経験し、Micron社内でいくつものIT統合やプラットフォーム変革を成功裏に導きました。