オンデマンド・ウェビナー

熱管理の問題による航空機システムの性能 / 安全性低下を防ぐ

共有

熱管理の問題による航空機システムの性能 / 安全性低下を防ぐ

従来型の航空機を設計する場合、重要な課題となるのが熱管理です。電動化が進み、多数の電気機器が搭載されるようになると、熱負荷が増大し、熱管理はさらに難しい課題となりました。一方、複合構造を使用すると、熱が逃げにくくなります。このため、場合によっては、燃料システムの可燃性の懸念を排除するために不活性化システムを設置できるように機体を改良する必要が出てきます。

燃料システムは、電動化した航空機が発する大量の熱の放散を促し、熱管理戦略において重要な役割を果たします。このウェビナーでは、Safran AerosystemsとシーメンスがSimcenterを使用して航空機の熱対策を行い、安全性を高める方法を紹介します。

学べる内容:

  • Safran Aerosystemsの事例: Simcenterを使用して航空機の燃料タンクの可燃性を評価
  • 方法論:
    • グローバルなシステムレベルおよび詳細な機器レベルで燃料シミュレーションに対応
    • Fuel Tank Flammability Assessment Method (FTFAM) を使用した熱解析で燃料タンクを評価
    • システムを仮想統合し、熱管理戦略を最適化
    • 燃料タンクの熱構造が翼に及ぼす影響を最小化
    • 航空機の局所 / 全体的な熱モデリングによって、マルチスケールの熱シミュレーションを実行

シーメンスのエキスパートが航空機の熱管理の課題について論じます。

講演者の紹介

Siemens Digital Industries Software

Ganesh Sethuraman

Simcenter 3D航空宇宙事業開発マネージャー

Siemens Digital Industries Software

Stéphane Mouvand

AS&D Business Development Manager, Simcenter System Simulation

Siemens Digital Industries Software

Ganesh Sethuraman

Simcenter 3D Aerospace Business Development Manager