オンデマンド・ウェビナー

航空機の電動化を背景に高度な電気 / 電磁システムを設計

共有

航空機の電動化を背景に高度な電気 / 電磁システムを設計

排出ガス規制を満たす方法の1つに、推進システムの電動化またはハイブリット化があります。ところが航空機の電動化は、システムレベルとサブシステムレベルの両方で課題を生み出します。サブシステムレベルで、電気機械とパワーエレクトロニクス・ドライブの電力密度は非常に高くなると予測されるため、材料、デバイス、機械構造、および熱管理を大幅に革新する必要があります。高出力の電気推進システムは電磁妨害を引き起こし、電磁両立性 (EMC) 関連の問題が増加しています。安全な飛行を保証するには、これらの問題を理解し、解決する必要があります。

このウェビナーでは、Simcenterポートフォリオを使用して、航空機の電子推進システムをシステムレベルとサブシステムレベルの両方で最適化する手法をシーメンスの専門家が紹介します。

航空機の電動化の課題を解決するために、専門家が次の方法を紹介します。

  • 電気推進システムの設計向けに統合されたSimcenter手法のメリットを最大限に活用
  • 電磁シミュレーション、熱シミュレーション、システムレベル・シミュレーション、ソフトウェア最適化を組み合わせて、試作コストと設計期間を削減
  • マルチフィジックス複合領域解析をさまざまな設計段階で実行
  • 航空機全体のシステムレベル・シミュレーションの一環としてEMI / EMC問題に対応
  • EMI / EMC解析を通じてワイヤーハーネスを最適化

講演者:

講演者の紹介

Siemens Digital Industries Software

Koen De Langhe

3Dシミュレーション製品管理担当ディレクター

Siemens Digital Industries Software

Adil Ali

CFD Solutions Consultant

Siemens Digital Industries Software

Koen De Langhe

Director Product Management, 3D Simulation