オンデマンド・ウェビナー

MBSEに対応し、航空ソフトウェアのコンプライアンスを実現

共有

今日の航空宇宙企業は、ソフトウェアの複雑化、品質の向上、および納期の短縮に直面しており、顧客の求める複雑で革新的なソフトウェアソリューションの提供が難しくなっています。厳格な安全コンプライアンス基準を満たしながら、短納期のスケジュールを達成するために重要なのは、ソフトウェア開発プロセスの効率的な管理と実行です。これに対処する手法として、モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) が最近普及してきました。この手法を使えば、ソフトウェア開発プロセスで直面する同様の課題の多くを解決することができます。

アジャイル手法を忠実に実行しながらトレーサビリティを簡素化

航空宇宙業界では、厳格に規制されたアビオニクスシステムの開発競争が激化しており、ソフトウェアのアプリケーションライフサイクル管理 (ALM) は、基本構成要素 (コラボレーション、トレーサビリティ、および構造化された再利用) ですぐに価値を実現し、提供できるものでなければなりません。詳細なトレーサビリティがあれば、検証と妥当性確認が可能になり、詳細な分析を行って誰が、何を、なぜ、いつ行ったかを把握できるようになります。

このウェビナーでは、DO178C航空宇宙ソフトウェアのコンプライアンスを加速する方法を紹介します。ALMプロセスで生成したさまざまなアーティファクト間に関係性を構築することで完全なトレーサビリティを確立し、監査対応を加速する手法を解説します。また、ワークフローとプロセスを自動化してALMプロセス全体のコーポレートガバナンスを確立し、航空宇宙企業がMBSEプロセス / 手法に対応、補完できるようにすることの重要性についても説明します。

A&Dの専門家が、ソフトウェア開発へのMBSEの影響を解説

  • シーメンスの航空宇宙 / 防衛ソリューション・コンサルタント、Larry Selby
  • シーメンスの航空宇宙 / 防衛ポートフォリオ開発エグゼクティブ、Thomas Behrens

概要

  • SDLCプロセス全体を通して要件を完全に追跡し、検証する方法を発見
  • 航空宇宙DO178C関連の提出と監査に対応し、OTBレポートを構成、使用する方法を学ぶ
  • シーメンスPolarion ALMの提供するエンドツーエンドのソフトウェア開発ソリューションを使用して、高品質、高速展開を実現する手法を紹介