オンデマンド・ウェビナー

今後の工場における先進ロボティクスに人工知能を活用

共有

生産の柔軟性が向上し、プログラミング時間が短縮されたことで、産業用ロボットは新たな自動化レベルに達しました。人工知能 (AI) と機械学習 (ML) といった技術によって、以前のロボットでは不可能だった作業も行えるようになりましたが、こうした技術を先進ロボティクスシステム向けに構築、検証、導入することは依然として大きな課題です。

製品設計、工程定義、および工場の装置を網羅した製造のデジタル・ツインを高度なAIハードウェアとソフトウェアと組み合わせることにより、人工知能と機械学習を先進ロボティクスに導入する際の苦労がいかに軽減されるのかを学びましょう。

先進ロボティクス向け人工知能は、未来のデジタル製造エンジニアリング・プラットフォームの柱

先進ロボティクスは、大量生産の開始以来増大してきた複雑化を引き受け、絶えず変化する多品種生産の多様なニーズに対応できる、高度に接続された効率的なワークフローの開発を可能にします。すでに多くの企業が先進ロボティクス技術と必要な手法を導入して、製造のデジタライゼーションを進めることで、複雑さ、カスタマイズ、オープン性の課題に対処し、ひいては新製品導入や市場の要求への対応にかかる時間を短縮しています。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアとRealtime Roboticsは、メーカー各社にユニークな付加価値を提供することで提携しました。シーメンスのTecnomatix®ポートフォリオに含まれるソフトウェア、Process SimulateをRealtimeのハードウェアおよびソフトウェア技術と組み合わせることにより、生産開始に先立って、AIで動作のプログラミングを自動化し、ロボットのプログラミングや、ワークセルの協調を簡単に実行できます。

講演者の紹介

Realtime Robotics

Darius Wilke

ヨーロッパビジネス担当ディレクター

Siemens Digital Industries Software

Yuval Heller

Manufacturing Product Management

Yuval has 24 years of experience in CAx. He joined Siemens in 2007 as a product manager for Tecnomatix Process Simulate, eventually taking on the role of director. Currently, Yuval manages a team responsible for the Tecnomatix Process Simulate and Process Designer product lines and heads innovation for cloud-based simulation solutions within the digital manufacturing business segment.

Realtime Robotics

Darius Wilke

Director, European Business