ウェビナー

<シーメンス・株式会社ブレイン共催ウェビナー> 最大工数90%削減!加工プログラム自動作成のノウハウとは?

共有

機械加工もDX+自動化の時代に入りました

今回ご紹介するCAMプログラム自動作成機能「FBM(Feature Based Machining)」を活用すれば、なんと90%も工数削減することも可能になります。

プログラミング初心者でも簡単に使えるのはもちろん、熟練のエンジニアの技をティーチングして貴重なノウハウを共有していくこともできます。

また、FBMは拡張性の高さも魅力です。

ミリングに限らず、旋盤・ワイヤEDM・複合機・ロボットマシニングなど、お持ちの工作機の能力を最大限に引き出すパワーを持っています。

本ウェビナーでは、いまなぜ自動化が必要になってきているのか、またFBMによる自動化でどのような効果が期待できるのかを具体的な例をあげてわかりやすく解説します。

概要:

  • CAM自動化がなぜ必要なのか

  • FBM(形状認識加工パス自動作成機能)のご紹介

  • 加工現場の段階に合わせたCAMの活用とパス作成自動化

  • 加工プロセスの流用

  • 2.5軸ミリング、旋盤へのFBMの活用

  • FBMを活用した見積精度UP、見積作業工数短縮